セミ、小学生、命、尊い、幼虫、5年、お父さん、大臣賞、作文、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

ネットワークは「社会はまるごと学校」を合言葉に!【part-①】

読了までの目安時間:約 9分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

<文部科学大臣賞> 

 

 

■小学生の部

 

 

             テーマ : 尊 い            

 

 

湘南ゼミナール センター南教室(神奈川県)小学六年

 

 

 

(当選文)

 

 

 僕が初めてセミの羽化を見たのは

 

小学一年生の夏のキャンプの夜のことだった。

 

 

 夜の探検をしていた時、

 

父が「ここを見てごらん。」

 

言って指を差したのは、

 

木によじ登ってじっとしていた、

 

殻をかぶったセミの幼虫だった。

 

 

 

まだその時は、僕にとって何百匹、

 

何千匹いるセミの一匹でしかなかった。

 

 

 

「こんなにかたい殻、

 

 

   本当に自分で破れるのかな。」

 

 

 「目がついている。」

 

 

 「からだが白いね。」

 

 

 「お腹と殻が一本の糸でつながっているよ。」

 

 

 「がんばれ、がんばれ!」

 

 

 

 色々な言葉をかけ続けていた僕は、

 

セミが半分からだを出したあたりからは何も言わず、

 

ただただじっと見ていた。

 

 

 

 セミがからだをすべて出した時、

 

透き通るような背中とうす黄緑色の羽を見て

 

心から感動したのを今でも覚えている。

 

 

 

そして一緒に見ていた父のひと言、

 

 

「尊いね。」 という言葉を

 

 

同じくらいはっきりと覚えている。

 

 

尊い生命、尊い価値、尊い感動、

 

 

それらをひっくるめて表現した言葉だったのだろう。

 

 

僕はその瞬間、きちんとした意味がわからなくても

 

目の前にあるセミの神秘的な姿や時間、

 

 

生命力が「尊い」に値すると

 

心に刻んだのだと思う。

 

 セミはおよそ七年もの間、

 

土の中で成長している。

 

 

 

やっと地上に出て羽化できたとしても、

 

約一週間から十日程の命だと言われている。

 

 

 

しかも羽化は命がけでおこなわれていた。

 

 

あれから五年、僕は羽化できずに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

死んでいたセミの幼虫を何匹も見た。

 

 

穴から出ても木までたどり着けなかったりして、

 

羽化の途中で死んだり、

 

 

羽化してもやっと飛び立ったセミが

 

空中で鳥に食べられたりしたのも見た。

 

 

 僕はセミを通して命の尊さを知った。

 

 

今、羽化したあとの殻でさえも尊く感じる。

 

 

それまでの気持ちとは全くちがう。

 

そしてセミを尊く感じた時から、

 

どんな生き物も植物も

 

一生懸命に生きているんだと感じるようになった。

 

 

 

「尊い」とは、

 

  神聖・きわめて価値が高い

 

   ・非常に貴重・大切にすべきもの、

 

 

これらの意味を含んでいる。

 

 

日常的に使う言葉ではないけれど、

 

自分の感じ方や心のあり方で使える言葉だと思う。

 

 

僕にとって貴重な経験と忘れられない言葉となった。

 

 

 

🙇💛😃💛😁💛💛😪💛🤯💛🤮💛🤭💛🤩💛🤠💛💛😃💛😁💛💛😪💛🤯💛🤮💛🤭💛🤩💛🤠💛😃💛😁💛💛😪💛🤯💛🤮💛🤭💛🤩💛

 

 

 

読売新聞教育ネットワークの基本指針には、

読売新聞教育ネットワークは「社会はまるごと学校」を合言葉に、

企業や学校間の交流を積み重ね、日本の教育の発展を支援する取り組みです。


 出前授業や各種イベントを通じて相互交流を図る一方、

読売新聞や読売中高生新聞などと連携しながら、

先駆的な授業などの取り組みを発信します。

 

と素晴らしい文面が表記されております。

 

まさに、「今後の時代にマッチした」素晴らしい方針に感銘を受けました。

 

全面的に心から賛同しており、私も微力ながら主旨に添えたい思いから、

私のブログにもシェアさせて頂き、ブログを訪れて頂いた方やFacebookなど、

あらゆるSNS等でもシェアさせて頂いて広めて行きたいと思っております。

 

また、読売新聞には「俳句、短歌、コラム」など」、人情味が感じられる記事が沢山

掲載されており、読売新聞が愛されている大きな要因にも成っていると思いますので、

その中からもシェアさせて頂き投稿して行きたいと思っております。

 

竿金の日本を始め全世界が、「コロナ菌」で何かと疲弊しておりますが、

これからの日本の時代は勿論、

全世界でも人間味のある「絆」の深い方向に向かうことを願いながら投稿をさせて頂きます。

 

私のブログも「訪れて頂いた方が愉快な気持ち」に

成って頂きたい記事を中心に投稿することをビジョンとしております。

 

今後とも、「読売新聞教育ネットワークや読売新聞」とともに、

私のブログにつきましても、ご愛読方をよろしくお願い申し上げます。

 

 

タグ :

優秀賞・論文・作文   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る