コロナ菌、ウイルス、日本、救う、スーパーコンピューター、冨岳、研究、世界、世界を救う、日本の技術、世界一、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

スパコン【富岳】新型コロナウイルス抗寄生虫薬など発見!!?

読了までの目安時間:約 13分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

『もう見つけたの?』

 

  有効治療薬解析! 

 

 

 

日本屈指のスパコン【富岳】

 

 

 光速解析力話題=海外の反応=

 

 

 

先日、日本が世界一になった

 

 

 

スーパーコンピューター【富岳】を活用し、

 

既存薬の中で、新型コロナウイルスの、

 

治療薬候補の調査したところ、

 

 

抗寄生虫薬など、

 

約30のラインナップが

 

発見できたと発表しました。

 

 

 

最も有望だったのは新型コロナへの

 

有効性が認識されていなかった。

 

 

国内の製薬会社が

 

特許を保有している既存薬で、

 

京都大学の奥野教授は、

 

製造元と協議した上で、

 

臨床研究や治験を検討したいとコメント。

 

 

 

研究チームは【富岳】を使い、

 

抗がん剤や風邪薬など、

 

2128種類の既存薬が、

 

 

新型コロナウイルス特有のたんぱく質と、

 

いかに結合するかをシミュレーションし、

 

体内でのこうりゃくかてい効力過程を

 

分子レベルで調査していました。

 

 

 

薬剤がタンパク質の

 

鍵穴のようなところにはまり込む時間が、

 

長いほど結合は強く効果的と見られ、

 

研究チームはその時間の長さ順に

 

ランクしています。

 

 

 

スーパーコンピューター【富岳】を、

 

早速新型コロナ対策に活用し、

 

治療薬候補を発見した

 

日本の技術力に、

 

 

海外からは様々な声が

 

寄せられていました。

 

 

 

韓国 ネイバー反応と合わせてご覧ください。

 

 

クールだね。

 

 

ニクロサミドっていうのが

 

実際に効果あるのか楽しみだな。

 

 

 

大きなリソースを対策に使っていて嬉しいよ。

 

 

手順書を作ることで、

 

 

次の大きなパンデミックは、

 

 

早く収束できる希望が持てる。

 

 

 

既に手順書があったんだよ。

 

 

少なくとも政府対応という意味ではね。

 

 

手順書が使わないと意味がないんだよ。

 

 

スーパーコンピューター【富岳】

 

科学者の木で勝手にやったの。

 

 

 

よくやった! 

 

スーパーコンピューター【富岳】

 

 

やる気のない科学者は恥を知るがいい。

 

 

これは素晴らしいニュースだね、

 

注意、日本人に有効なだけで

 

アメリカ人には効果がない模様。

 

 

 

コンピューターでは命令内容を

 

説明するのが大変だし、

 

すごく正確でなくてはならない。

 

 

 

分子レベルでのウイルスのに、

 

壁や仕組みが分からないと、

 

答えが得られないんだ。

 

 

一度それが分かると、

 

今度は大量にある既存薬で

 

関連するものを調べる。

 

 

 

絵のないパズル100万ピースを

 

合わせてみるようなもん。

 

 

しかも3 D だし、

 

完璧に合わないかもしれないから、

 

近いかどうかを調べないといけない。

 

 

 

--- 広告 ---
--- 広告 ---

コンピューターにとっては凄い作業量で、

 

めっちゃ時間がかかるんだよ。

 

 

現段階であまり期待を持たせるのが

 

無責任すぎるから、

 

急に需要を増やしたりしたくないんだよ。

 

 

 

試験をするまでは

 

 

実際の効果は分からないし、

 

需要が増えて本来の用途で

 

不足したら困るでしょう。

 

 

 

つまり、トランプがやったみたいに、

 

医療用でない薬を飲んで

 

死者が出るようなことを避けたいのね。

 

 

 

そしてアメリカが全部買い占めるんですね。

 

 

喧嘩を売るわけではありませんが、

 

あのような構造活性関係の分析は、

 

わが国でも活発に行われています。

 

 

 

問題は、コンピューターを利用して

 

探し出した候補が、実際の薬として

 

どれほど使えるかは、

 

最後まで開発してみないと

 

分からないと言うこと。

 

 

 

データとしてコロナに対し、

 

 

漂白剤が有効だと

 

コンピューターが発見したとしても、

 

実際に漂白剤を薬として

 

使用することができません。

 

 

 

日本の研究も立派ですが、

 

あれを持って我が国より

 

日本の方が優れている、

 

という考え方は正しくないようです。

 

技術的に日本の方が優れている

 

というのは事実だ。

 

 

彼らの方が

 

我々よりも優秀であるとするなら、

 

それを認め、勝る方法を

 

考えなければならない。

 

 

 

その事実を一生懸命否定したところで

 

何が変わるというのか。

 

 

 

『どの国でもいい、

 

とにかく早く治療薬を作ってくれ。』

 

 

『さもなくば人類が滅亡する。』

 

 

 

なお、演算結果はファクスで送るようだ。

 

 

 

日本や中国が、あのようなものを、

 

国が支援してくれるから

 

上手く行っている様だ。

 

 

 

歴史を見ると憎たらしいが、

 

あんなのを見ると凄いと思う。

 

 

 

無条件愛国マトリックスに陥るのではなく、

 

現実的に見た方がいい。

 

 

 

税金をむしり取っておきながら、

 

この国は何をしているのか。

 

 

 

『どの国でも誰でもいいから、

 

治療薬を一日も早く

 

作ってくれたらいいな。』

 

 

過去の歴史とは別として、

 

 

今は学ぶことが多い国。

 

 

 

色々なコメントがありましたが、

 

一刻も早い治療薬の

 

開発に期待しているのは、

 

みんな同じようでした。

 

 

なお、題財の趣旨に無関係なコメントは、

 

割愛させていただきました。

 

 

 

【富岳】が世界を救う日が

 

そう遠くないことを願っています。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=b0LiARnT0ak

 

 

💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

 

※令和になって、世界に広がったコロナ菌のウイルス対策が、

 医療技術が進んでいる現代とは言え、昨年、武漢から発症した

コロナ菌のウイルス治療薬が思うように進んでいない現実に、

スーパーコンピューターが解析したと言う話題に、大きく期待

しながら、世界を早く救って欲しい気持ちでシエアさせて頂きました。

 

タグ :

凄いお話   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る