小池百合子、小池都知事、都知事、都議会、緑、グリーン、 タグを削除: ファースト、都民ファースト、  ファースト、都民ファースト、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

小池百合子人気に見る “~旋風” 再来?

読了までの目安時間:約 9分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

小池百合子人気に見る

 

   ~旋風 再来    

 

 

 

 

小池百合子東京都知事が就任して早や2か月になり、

 

小池人気にあやかっている訳では無いでしょうが、

 

 

 

 

今も連日、豊洲問題と2020年東京オリンピク関係の

 

話題から離れる事が無く、むしろ日毎にエキサイト

 

して来ている様に見えるのは自分だけなのだろうか。

 

 

 

マスコミ関係者が、独自の調査結果を次々と国民に

 

報道し、国民がその事実に驚いて、国民も東京都に

 

事実確認と責任追求を、マスコミと共に迫っている

 

様に映るのである。

 

 

東京都の要人の説明が二転三転するなど、マスコミ

 

からも指摘されて、再三謝っている状況も、全く

 

お粗末である。

 

 

 

小池都知事は、東京都の内部調査を発表した責任の

 

曖昧さに驚き、部外者にth2g9l393z調査を依頼して、

 

 

事実関係を都民に明らかにし、

 

「退職者も含めて処分する」

 

とマスコミに明らかにしたのである。

 

 

 

小池百合子氏が、東京都知事に成る前の、

 

選挙に至るまでの状況や、

 

 

東京都知事当選後の状況を思う時

 

 

 

約15年前の小泉純一郎氏が、

 

自民党総裁選挙に立候補の際、

 

 

自民党を「ぶっ壊す」と云い放て

 

総裁に挑んだ事象に

 

良く似ている様に思えるのである。

 

 

「政界の変人」とまでも云われていた、

 

少数派の小泉純一郎氏が、

 

 

マスコミを意識しての訴え方が

 

功を奏してか、大方の予想を大きく翻して、

 

圧勝と云う結果が自民党総裁として選んだのである。

 

 

国会で任命された小泉総理大臣は、

 

「自民党組織、郵政事業、特殊法人、

 

聖域なき構造改革」など、

 

 

 

次ぎ次と難題を掲げるため、

 

マスコミからは

 

「小泉劇場」「小泉旋風」として報じられ、

 

国民からも絶対的な支持を受けていた。

 

 

小池百合子氏の場合も、

 

自民党員であるので

 

自民党に公認要請をしたにもかかわらず、

 

thoug28l68

公認されないまま立候補し、

 

マスコミにいち早く

 

立候補の意思を伝え

 

記者会見に至ったのである。

 

 

記者会見では

 

「都議会の冒頭解散」などと、

 

衝撃的に訴えて選挙戦に入り、

 

圧倒的人気で当選を果たして

 

 

しまったのである。

 

 

 

--- 広告 ---
--- 広告 ---

d093228828b455d0d7c07de76b52d3481

マスコミからは、

 

小池百合子氏は「劇場型」とも云われ、

 

元マスコミに関わって居ただけに、

 

マスコミの利用のし方を心得ていると言われた。

 

 

 

小池東京都知事も当選してからは

 

「東京大改革宣言」として、

 

闇に包まれていた都議会の透明化や、

 

 

膨大に膨らむオリンピック関係費用、

 

豊洲汚染問題、不透明な決済行為の実態を、

 

都民目線で取り組み、

th3extukz2

 

都民が納得出来るように説明すると、

 

マスコミに報じたのである。

 

 

 

連日止むことなく、

 

マスコミに「新たな事実・新たな資料を入手」などと

 

 

報道されており、小池百合子人気に

 

感化された国民は、

 

一層関心(興味?)を抱き耳を

 

傾ける形となっている。

 

 

小池百合子氏が、

 

東京都知事に就任しなければ、

 

恐らく都庁内部や都議会の実態が、

 

表に出なかったろうとまで

 

評論家に言わしめているのである。

hckfr7yq_400x4001

 

 

時代の変化には色々な要因は当然あるでしょが、

 

「小池旋風」「小池劇場」と成りつつある状況を

 

筆者は感じているのである。

 

 

 

小池百合子氏が東京都知事として、

 

また政治家として、

 

都議会の暗闇の実態に、

 

 

正義感をもって挑もうとする姿が、

 

女性が挑むには余りにも過酷な様相に映り、

 

国民が一層応援をしたく成っているとではと・・・?

 

 

「義を見てせざる勇無きなり」

 

 

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」である。

 

 

これまでの豊富な政治家としての経験、

 

c91d6f93b4630f06c658cbf83fab62ef5e99bfc0_w666_h329_tr_hs9033c9c0eae9a14bcb38a9f1e109423b1

    実績、人望、ビジョン、

 

そして、怖れる事無く正義に向かう

 

 

真面目な姿勢で取り組む事を応援したい。

 

 

 

開演してまだ2か月の「小池百合子劇場」が、

 

今後、益々「小池百合子旋風」となり、

 

「東京大改革」を成し遂げて、

 

近い将来に平和で爽やかなそよ風が

 

吹いて居る事を楽しみにしていたい。

 

 

 

 

 

タグ : 

凄いお話   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る