ライオン、野生、絶命、絆、育児、再会、愛情、忘却、記憶、自然、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

❝絶命の幼いライオン❞を救った男性と野生ライオンの❝絆❞

読了までの目安時間:約 17分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

動画アニマルズ

 

 

傷ついている絶命の

 

 

  幼いライオンを 

 

 

  救っ男性と 

 

    野生ライオンの絆の実話。

 

 

 

幼いライオンを救った男性。

 

野生に戻した1年後の再会に

 

涙が溢れる感動の実話です。

 

 

 

ボツワナ共和国に

 

人間に育てられたライオンがいます。

 

 

 

人間のエゴでそうなったのではなく、

 

あくまでもライオンを自然に戻すための生活です。

 

 

 

無事に自然に戻ることのできたライオンは、

 

その後、久しぶりに育ての親である人間に

 

再会したとき、どのような反応するのでしょうか?

 

 

 

ドイツ出身のヴァレンティンさんは、

 

幼い頃からずっと動物を大切に思ってきました。

 

 

 

ヴァレンティンさんは、

 

まだ子供だった頃に、

 

怪我をしていた猫を助けて

 

手当てをした事もあります。

 

 

 

困っている動物を見ると

 

放っておけない性格でした。

 

 

 

大人になってからは、

 

世界各地を旅して回りましたが

 

最終的にたどり着いたのが、

 

動物の楽園アフリカでした。

 

 

 

やっぱりここで動物に関わる仕事がしたい、

 

そう考えていた時に出会ったのが、

 

同じく動物に魅了されてアフリカへやってきた、

 

デンマーク人のミッケルさんでした。

 

 

 

2人はボツワナで

 

自然保護プロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

『野生動物の保護』を目的とする

 

   プロジェクトです。

 

 

 

2人が困っている動物がいないかどうか、

 

パトロールに出かけた時のことでした。

 

 

ライオンの子供が

 

たった1匹でいるところを、

 

2人は発見しました。

 

 

 

メスのライオンで非常に終わっており、

 

瀕死の状態です。

 

 

 

『かわいそうに、この状態だから

 

   群れから見放されたんだろう』

 

 

 

2人は子ライオンの弱った様子から、

 

すぐに状況を察しました。

 

 

 

自然界で生きることはとても厳しいものです。

 

 

 

百獣の王ライオンといえども、

 

弱っている子供を連れて歩くのは危険を伴います。

 

 

 

ハイエナの群れに襲われてしまう可能性もあります。

 

 

 

残念ですが、

 

この子を置いて

 

いかざるを得なかったのでしょう。

 

 

 

2人はひとりぼっちの子ライオンを

 

連れて帰りました。

 

 

 

そうしてヴァレンティンさんと

 

ミッケルさん、

 

子ライオンの共同生活が始まりました。

 

 

 

ライオンにはシルガと

 

名前が付けられました。

 

 

 

ヴァレンティンさんとミッケルさんの思いはただ一つ。

 

 

 

シルガを野生に返すことです。

 

 

 

まだ幼いシルガは本当に可愛らしく、

 

2人とも我が子のように大切に思っていました。

 

 

けれどシルガにとって、

 

人間に慣れてしまうことは

 

危険なことです。

 

 

 

ただ可愛がるだけではなく、

 

きちんと野生に帰るためには、

 

人に慣れすぎないようにしなければなりません。

 

 

 

シルガと接するのは、

 

バレンティンちゃんとミッキーさんの2人だけ。

 

 

 

そう決めた二人は決して他の人間を、

 

シルガと交流させたりしませんでした。

 

 

 

『シルガにはちゃんと

 

  自然に戻ってほしい。

 

 

それがシルガにとっての

 

    本当の幸せだ』

 

 

ヴァレンティンさんとミッケルさんは、

 

共通の強い意志を持っていました。

 

 

 

二人は本当にシルガのためを思い、

 

幸せを願っていたのです。

 

 

 

それはまさに親としての気持ちでした。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

 

 

ヴァレンティンさんとミッケルさんは、

 

シルガの世話をするだけでなく、

 

狩りの仕方も教えます。

 

 

 

野生に戻るためには重要なことだからです。

 

 

 

人間がライオンに狩りの仕方を教えるのは、

 

簡単なことではありません。

 

 

 

何度も何度も練習を重ね、ようやくシルガが

 

獲物を狩ることができるようになった頃、

 

2人は複雑な気持ちに

 

襲われ始めていました。

 

 

 

シルガが一人で狩りが

 

できるようになったということは、

 

いよいよ彼女を

 

自然に戻す時が来たからです。

 

 

 

もちろんこの日が来ることを目標にして、

 

2人でシルガを育ててきました。

 

 

 

野生に返すことがヴァレンティンさんと

 

ミッケルさんの、共通の目標だったのです。

 

 

 

けれど寂しい気持ちはどうしても

 

湧き上がってきます。

 

 

 

我が子のように育ててきたシルガ。

 

 

 

可愛らしい所を沢山知っています。

 

 

 

二人のことを本当に慕って、

 

いつも甘えてくるシルガ。

 

 

 

そんなシルガとついに

 

離れることになり、

 

その寂しさは想像以上でした。

 

 

 

それでも自分たちの気持ちを抑え込んで、

 

2人はシルガに別れを告げます。

 

 

 

それが我が子のように可愛がってきた

 

シルガにの本当の幸せだと信じて、

 

シルガはついに野生動物の

 

保護地区へと放されました。

 

 

 

 

 

 

1年後、

 

 

ヴァレンティンさんとミッケルさんは、

 

シルガがいる保護地区を訪れました。

 

 

 

『シルガは上手く自然界で

 

    生きているのだろうか』

 

 

 

親として心配になりながら、

 

恐る恐る様子を見に行きました。

 

 

けれどその心配は

 

杞憂に終わります。

 

 

 

そこには大きくなったシルガの

 

立派な姿がありました。

 

 

 

シルガはちゃんと野生に帰り、

 

生き延びることが出来ていました。

 

 

シルガは予想上回る反応示します。

 

 

 

シルガはヴァレンティンさんを覚えていて、

 

すぐに駆け寄ってきました。

 

 

 

そして、ヴァレンティンさんに

 

しっかりと抱きついたのです。

 

 

 

まるで子猫のように。

 

 

 

シルガの嬉しそうな表情はまさに、

 

子どもが親に会えた時のものでした。

 

 

 

ずっとヴァレンティンさんに

 

会えずに寂しく思っていた事が、

 

その表情から伝わります。

 

 

 

シルガを本当に大切に思い育ててきた

 

ヴァレンティンさんとミッケルさん。

 

 

 

彼らの思いはちゃんとシルガに伝わっていました。

 

 

会えなくても、育ての親を忘れたりしなかったシルガ。

 

 

シルガの中には、いつも2人の存在があるのでしょう。

 

 

 

ヴァレンティンさんとミッケルさんという、

 

大切な存在を胸にシルガは、

 

自然界で幸せに

 

暮らしているのです。

 

 

 

💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

 

幼いライオンを

救った男性。

 

野生に戻した1年後の

再会に涙が溢れる

【感動物語】    

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZqJ-ihMeejc

 

 

💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

 

※人間にも等しい愛情を抱き続けたシルガの心は、

絶命の中から必死に助けようと、育てて上げた

ヴァレンティンさんとミッケルさんの愛情そのものが、

シルガの心に沁みついて抱き続けていたのでしょう!

 

動画を見ている中でも、終わった後も、動物であるシルガが、

忘れないで思い続けている心が、ヴァレンティンさんと

ミッケルさんの、お二人に会った途端に抱き着いて来る愛情を

思うとき、動物であってもそこはかとない深い愛情を

持ち続けているのに感動いたしました。 本当に泣けました。

 

多くの方々にも人間と動物の愛情と感動を感じて欲しいと

思いましたので、このような素晴らしい感動物語をシエア

させて頂きました。  ありがとうございました。

 

タグ :

凄い実話   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る