感動、涙物語、神対応、 話のネタ、雑談、天皇、皇后、パラオ、ペリリュー島、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

【神対応】『天皇陛下が世界中を感動させた!』

読了までの目安時間:約 11分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

【神対応】『天皇陛下の真心編』

 

 

天皇陛下の神対応が世界中を感動させた!!

 

 

 

海上保安庁の巡視船に宿泊された

 

本当の理由に世界中が涙線崩壊!!

 

 

 

天皇皇后両陛下が戦後70年にあたり、

 

太平洋戦争の戦没者を慰霊するため、

 

西大西洋の国パラオに行幸啓されたことを

 

皆さんはご存知でしょうか?

 

 

 

かつては日本が統治し、1944年に日本と

 

アメリカが衝突したペリリュー島の戦いは

 

日本側だけでおよそ1万人が命を落としました。

 

 

 

今回の訪問は戦没者を慰霊したいという

 

両陛下の強い希望もあって実現したもので、

 

パラオ訪問は長年の夢でした。

 

 

 

両陛下は慰霊碑にご供花、

 

さらにはペリリュー島

 

闘いの生還者の、元日本兵らとも

 

ご面会されています。

 

 

 

念願だったペリリュー島ご訪問を

 

果たされた天皇皇后両陛下の

 

行幸により、戦没者の魂も

 

浮かばれたことでしょう。

 

 

 

しかし、今回のご訪問で

 

ひとつ不可解な

 

部分が有ります。

 

 

 

今回は、海上保安庁の巡視船

 

 

 

「あきつしま」にお二人がご宿泊し、

 

船に搭載されたヘリコプターで、

 

ペリリュー島に向かうルートでの

 

ご訪問が実現しました。

 

 

 

だが、巡視船はそもそも

 

客船ではありません。

 

 

 

船内には段差や仕切りが多く、

 

両陛下が宿泊した船長室までは

 

急な階段があります。

 

 

 

両陛下のために手すりを付けたり、

 

船長室内のレイアウトを変えたりと、

 

対策が講じられたものの、

 

快適とは言い難い状況でした。

 

 

 

それにもかかわらず、なぜわざわざ

 

巡視船にご宿泊されたのでしょうか?

 

 

 

パラオ両陛下非常に歓されました

 

 

友好的なパラオが、

 

要人が宿泊できる施設を

 

用意しないはずはありません。

 

 

 

何故だったのか?

 

 

 

それは、ネット上の書き込みを読んだ時に、

 

「なるほど」と納得させられました。

 

 

 

【書き込み-1】 

 

 

パラオでの最後の生き残りの

 

日本兵が一人、

 

今回、パラオに行ってるんだな・・・、

 

95歳のおじいちゃん。

 

 

 

まだ、頭もしっかりしてて、話もちゃんとしてた、

 

皆死んでしまって自分が一人になってしまって、

 

と、おっしゃてた。

 

 

 

なんか涙が出てきたわ、死んでいった

 

仲間達は、陛下にお会いできて、

 

きっと喜んでいるって言ってたよー。

 

 

 

【書き込み-2】

 

 

生き残り34人かぁ-、明日は95歳の

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

最後のおじいちゃんが、英霊達を

 

陛下にご案内するんだな、

 

 

陛下は心のなかでペリリュー守備隊

 

任を解き、速やかに帰国せよと

 

命ずるに違いない。

 

 

 

英霊たちは天皇陛下に栄誉礼の捧げ銃をし、

 

速やかに保安庁の「あきつしま」に乗船し

 

帰国してくれるだろう。

 

 

 

一万人もの英霊を連れて帰るには、

 

日本で一番大きい巡視船「あきつしま」は納得です。

 

 

 

日本と言う名の船を誂(あつらえる)えたのも

 

偶然じゃないはず。

 

 

 

秋津島(あきつしま)とは、

 

日本の本州の古代の呼称です。

 

 

 

日本最古の歴史書『古事記』では、

 

「大倭豊秋津島」(おおやまととよあきつしま)

 

 

 

また、同じく歴史書『日本書紀』では、

 

「大日本豊秋津洲」(おおやまととよあきつしま)と、

 

表記されています。

 

 

 

他にもこのような書き込みもありました。

 

 

 

【書き込み-3】

 

 

偶然とも必然とも言えないが、

 

あながち偶然というより、

 

運命的な何かを感じる。

 

 

 

英霊達もきっとお迎えに来た艦艇が、

 

「あきつしま」という船名にお喜びか。

 

 

 

帰国する英霊たちの背のうちはパラオ名物、

 

パインの缶詰めがいっぱい入っているだろうな。

 

 

 

まず、靖国神社に行って戦友達と食べたあとに、

 

各人の故郷に帰って行くのかもしれない。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

天皇陛下のパラオご訪問には、

 

こういった隠された背景があったのです。

 

 

報道では確かに取り上げてはいましたが、

 

このようなお心遣いについては、

 

深く語られてはいませんでした。

 

 

 

こういった、日本国民と天皇陛下との絆を

 

多くの方に広めることで、日本人としての誇りを

 

取り戻して頂ければと切に願っております。

 

 

よろしければ、グッドクリックを押して

 

拡散して頂けると幸いです。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

私は、サプライズ、感動秘話、人情話、神対応などが好きで、
Youtubeでいつも楽しんでおります。

 

近来、天皇陛下の退位などの報道に、いま平成天皇から
次世代の天皇へ移り行く状況下で有ります。

 

元号は中国の古典から名前を付けることになっている事から、

「平成」は『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」
『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで
「内外、天地とも平和が達成される」とのこと。

 

まさに、平成天皇として、過去のそれぞれの時代と歴史を
振り返りながら、それに関わった多くの関係国に対し、

天皇陛下及び皇后陛下と共に、真心を尽くして行幸する姿を
拝見し、両陛下の心情を拝察するとき、天皇皇后両陛下に
この上ない尊敬と感謝の気持ちに涙が止まりません。

 

平和な時代構築に全身全霊で歩んだ天皇陛下・皇后陛下の
神対応を、私も微力ながら世界に向けて広めたい一心で
投稿させて頂きます。 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

タグ :

感動的・涙物語 神対応   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る