秋田県、秋田犬、スペイン、中国、ハチ公、銅像、渋谷、忠誠心、愛情、世界に愛される、ハチ公物語、感動、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

スペイン、中国でも秋田犬は忠犬だった‼【感動的実話】

読了までの目安時間:約 16分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スペインでも、

 

 中国でも、

 

  秋田犬

 

   忠犬だった!

 

 

 

飼い主が入院している

 

 病院の前で 

 

6日間待ち続けた

 

 秋田犬に

 

  心打たれる

 

               【感動実話】

 

 

忠犬ハチ公と言うと、

 

渋谷駅前『ハチ公銅像』でも

 

知られているように、

 

とても有名な話です。

 

 

 

渋谷駅前の『ハチ公銅像』は、

 

いつしか待ち合わせの

 

目印として使われるようになり、

 

この銅像周囲は『ハチ公銅像』として

 

大変親しまれています。

 

 

忠犬ハチ公の主人公は秋田犬『ハチ』

 

『ハチ』は、すでに亡き飼い主の帰りを、

 

渋谷駅で約9年間も待ち続けたという

 

エピソードが感動を呼び、

 

世界的に有名となりました。

 

 

そこで今回は、飼い主さんが

 

入院している病院の前で、

 

6日間も待ち続けたという、

 

スペインでのハチ公物語をお伝えします。

 

 

スペインで飼われている

 

2歳の秋田犬『マヤ』は、

 

 

カタルーニャ州バルセロナに住む

 

22歳のサンドラ・イニエスタさんの愛犬です。

 

 

 

ある日、サンドラさんは父親と

 

ドライブに出かけました。

 

 

 

もちろん『マヤ』も一緒です。

 

 

ところが帰り道の途中、サンドラさんは

 

突如耐え難い腹痛に襲われてしまいました。

 

 

 

父親はすぐさま

 

サンドラさんを運びました。

 

 

検査の結果サンドラさんは

 

 

虫垂炎であることが判明。

 

 

 

緊急手術が行われ、

 

そのまま入院することになりました。

 

 

 

ところが『マヤ』はサンドラさんが現れるまで、

 

病院の前から離れようとしませんでした。

 

 

 

サンドラさんの父親は、

 

『マヤ』を家に連れて帰ろうと

 

車まで引っ張ってみましたが、

 

車内に入ることを激しく拒み、

 

 

又病院の前と

 

戻っていってしまいました。

 

 

 

それでも父親は『マヤ』

 

何度も家に

 

連れ帰ろうとしましたが、

 

『マヤ』はガンとして

 

言うことを聞きません。

 

 

 

そのまま6日間にわたり

 

病院の前でサンドラさんを

 

辛抱強く待ち続けたのです。

 

 

 

 

こうした『マヤ』の姿は

 

有名になり、

 

さまざまな人々の心を

 

揺さぶりました。

 

 

 

家に帰らず飼い主を一心に待ち続ける

 

『マヤ』のことを知った病院のスタッフは、

 

 

『マヤ』の世話と体調管理を

 

買って出たと言います。

 

 

 

ようやく手術が終わり

 

退院したサンドラさん。

 

 

 

サンドラさんが病院から出てくると、

 

かたくなに動くことを

 

拒んでいた『マヤ』は、

 

一緒に歩き出したそうです。

 

 

 

常にサンドラさんと

 

行動を共にしている『マヤ』

 

 

一緒に外出をしてサンドラさんが

 

建物の中に入ると、

 

 

サンドラさんが出てくるまで

 

いつでもじっと待っていてくれているという。

 

 

今回もいつもと一緒で、

 

待っていれば必ず出てくると

 

信じていたのでしょう。

 

 

 

病院スタッフが SNS に投稿した

 

『マヤ』の姿は反響を呼び、

 

忠犬ハチ公の逸話を引き合いにだし、

 

 

秋田犬の一途な性格を褒め称え、

 

映画とは異なり、飼い主と犬が再会できて

 

良かったというコメントなどが寄せられたそうです。

 

 

--- 広告 ---
--- 広告 ---

『マヤ』はこれから、

 

また飼い主のサンドラさんと一緒に

 

幸せな毎日を過ごしてほしいですね。

 

 

 

このように犬ほど『忠誠心』という言葉が

 

ぴったりな動物はいないのではないでしょうか。

 

犬は飼い主さんのことを、

 

自分のリーダーだと認識するため

 

『忠誠心』を示します。

 

 

 

野生で暮らしていた頃の犬は、

 

群れで生活していました。

 

 

そのため、群れのリーダーを識別し

 

従うという行動の形があるといわれています。

 

 

その群れでの生活の名残が、

 

今でも飼い主に忠実に行動できるようです。

 

 

 

また、長い時間一緒に過ごすことによって、

 

犬と飼い主との間に、

 

信頼関係が芽生えることも、

 

『忠誠心』が強いと言われる理由の一つです。

 

 

 

このように『忠誠心』の強い犬が中国にもいました。

 

 

中国版・忠犬ハチ公として、

 

世界中から関心を集めている

 

一匹の犬がいました。

 

 

 

中国・山東省の村では、

 

亡くなった飼い主さんが

 

埋められたお墓のそばを、

 

片時も離れようとしません。

 

 

 

かれこれ一週間以上が経過し、

 

心配した村の人が家に連れて帰っても、

 

またすぐに飼い主さんの眠るお墓に

 

戻ってしまうと言います。

 

 

 

身寄りのなかった飼い主の愛情を

 

一身に受けていたこの犬は、

飼い主が亡くなった後も、

 

共に寄り添うことを選択したようです。

 

 

村の人は、

 

『犬を連れて帰って、

 

蒸しパンをやったら、

 

パンをくわえてそのまま走って

 

墓に戻ってしまったんだ』

 

と話しています。

 

 

犬の強い想いに動かされた村の人は、

 

定期的に餌や水を与え

 

お墓のそばに小屋を作る計画を

 

進めているそうです。

 

 

『忠誠心』が強いことから、

 

このように亡き飼い主さんを

 

待ち続ける秋田犬

 

まさに、『忠犬ハチ公』『ハチ』と同じですね。

 

 

 

ちなみに『ハチ』秋田犬ですが、

 

『忠誠心』の強いので有名です。

 

 

秋田犬の祖先は、『マタギ犬』と呼ばれ、

 

『狩猟犬』として飼われていました。

 

 

 

そのため、飼い主の言うことはよく聞き、

 

命令には素直に従う性質を持っているようです。

 

 

 

もちろん『忠誠心』の強さは、

 

犬種や性格によって様々です。

 

 

今回は『忠誠心』の強い

 

犬の話をお伝えしましたが、

 

犬の素晴らしさというのは、

 

『忠誠心』だけで測れるものではありません。

 

 

犬種や個性に関わりなく、

 

揺るぎない愛情を注ぎ

 

きちんとしつけることで、

 

人間と犬は深い絆を結ぶことができます。

 

 

犬もまたそんな飼い主さんを信頼し、

 

沢山の愛情を注いでくれるのです。

 

 

最後までご視聴いただき

 

ありがとうございました。

 

 

💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗

 

スペインでも秋田犬は忠犬だった!

飼い主が入院している病院の前で

6日間待ち続けた犬に心打たれる【泣ける感動部屋】

 

https://www.youtube.com/watch?v=DYT3BzB_SaI

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【泣ける感動部屋】よりシェアさせて頂きました。

★人間の愛情にも勝るとも思えるほどの一途な犬の忠誠心に、唯々涙しながら感動し、そして日本育ちの秋田犬が世界で愛され、世界の人々にも純真に尽くしている秋田犬の姿が愛おしくてなりませんでした。

★我が家にもこれまで、可愛い小犬を2回飼いました。 飼った理由は子供たちの 情操教育のためでした。

★最初の愛犬のマルチーズは、16年4ヶ月、その後チワワ(耳が全く聞こえない)が16年5ヶ月間にわたり、我が家族を癒してくれました。

★その小犬たちは、子供たちに心豊かな優しい心を教えてくれて、この世を去っていきました。

★そして、一緒に育った娘はいま、ペットのトリマーとして活躍しており、お客さんの愛犬がリピーターとして何度も通ってくれているとのことです。  娘もどのようなペットにも、犬から教わった愛情をペットに注いでいる様子を日々感じております。

※今後も【泣ける感動部屋】の素晴らしい実話をシェアさせていただき、世界に広めたいと思っております。

💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

☆★☆★☆★

 

タグ :

感動的実話   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る