ネパール、日本、勲章、宗教、ヒマラヤ山脈、戦争、カトマンズ、平和、友好、永遠、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

ネパール万歳!ネパールと日本の友好心が永久に続きます!!

読了までの目安時間:約 13分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

. ネパール歓喜!! 

 

 

  日本の姿勢と友好関係発展に

 

    希望を見出し称賛の声が!! 

 

 

 

. ネパール万歳! 

 

 

ネパール日本の友好  

 

 

  いつまでも続きます

 

 

今回は日本とネパールの話題。

 

ネパールと日本の文化的なつながりは、

 

日本の禅僧で仏教学者にして、探検家の

 

河口慧海氏が、チベットに向かう途中に

 

ネパールを訪れた1899年に遡ります。

 

 

ネパール人と日本人は、文化、宗教の面で

 

類似するところが多く、

 

心情的にも似通っている部分が多いと言われています。

 

 

両国民とも礼節を重んじ、年長者を敬い、

勤勉な国民性として知られています。

 

 

また、宗教に対して寛容であり、

 

多様な文化や習慣が混じり合った

 

独自の文化を築いています。



1902年、初めてネパールの学生が海外に派遣され、

 

その留学先として日本が選ばれた

 

ということも注目すべき点です。

 

 

第二次対戦後は、多様なレベルで

 

この友好関係が急速に進展しました。

 

1952年以来、ヒマラヤ山脈は

 

相次ぐ日本人の登山家チームを魅了し続けています。

 

 

1956年9月に、外交関係が樹立され、

 

東京に駐日ネパール王国大使館が開設されました。

 

 

そして1968年には、カトマンズに

 

日本大使館が解説されています。

 

 

2006年には、国交関係樹立50周年記念を迎え、

 

 

日本とネパールの関係は常に親密で友好的であり、

 

両国の政府と国民が、地域の平和と繁栄のみならず、

 

 

互いの利益のために友好関係をさらに

 

発展させることを願っているので、

 

その関係は年々密接になっているとのこと。

 

 

しかし、ネパールは現在でも貧困をはじめ、

 

多くの問題を抱えており、

 

子供に対する教育不足が

 

問題を引き起こす原因の一つとなっています。

 

 

また、識字率の低さから、

 

教育が受けられないことによって

 

将来的に収入が得られず、

 

貧困を脱することが

できない人が増えてしまうのです。

 

 

そのような状況をなくすために、

 

識字能力向上に向けた

 

教師の研修や、質の高い安全な

 

学習環境の構築などが

 

必要とされています。

 

 

さらに貧困による栄養不足や、

不衛生な環境の改善を図るため、

 

食糧支援や、安全な水を得られる水道、

 

井戸の建設、衛生的なトイレの設置などが

 

急務となっています。

 

 

そんな中、ネパールの

 

ラム・チャンドラ・ポーデル氏が、

 

日本から『旭日大綬章』を受賞したという

 

嬉しいニュースが流れました。

 

 

ポーデル氏は過去に、

 

副首相兼下院議長を務めた

 

同国の大物政治家で、

 

--- 広告 ---
--- 広告 ---

ネパール日本友好議員連盟会長として、

 

 

両国の友好促進のために、

 

長年にわたり尽力してこられました。

 

 

『旭日大綬章』は旭日章の中で、

 

また外国人に与えられる賞として、

 

最高位で社会の様々な分野における

 

功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者を

表彰する場合に授与するものとしており、

 

今回は8名の方が受賞しています。

 

 

あのビル・ゲイツさんも受賞されていますね。

 

 

ポーデル氏の受賞は、

 

ネパールで非常に大きく報道されており、

 

関連記事などには、現地の人々から

 

歓喜の声が殺到しています。

 

その一部をご紹介します。 ご覧下さい。

 

 

ポーデル氏に心からの祝意を!

 

ネパールの議員が日本政府から

 

名誉を授かったことは、

 

我々にとって本当におめでたいニュースだ!

 

 

日本みたいな国が、

 

ネパールの政治家を認めてくれた。

 

そのことは本当にありがたいし嬉しく思うよ。

 

 

日本は国で差別をしないってことも分かるね。

 

 

日本は地震の時とか、いつもネパールを助けてくれた国だ。

 

そういう国からの勲章は、やっぱり少し特別に感じる。

 

 

この人は将来ネパールの首相になる人だからね。

 

そういう人が日本から認められたのは大きいよ。

 

 

17回も首相指名選挙に敗れてきた

 

苦労が、ようやく報われたな。

 

 

懸命に働いた人には素敵な結末が待ってるんだ。

 

 

多くの人にそのことを学び取って欲しい。

 

ネパール万歳!

 

 

日本に感謝します。

 

ちゃんと仕事を評価してくれる社会は素晴らしい。

 

 

日本政府がネパール人への『』の

 

受賞を決定したことは、ネパール、

 

そして私たち国民にとっての名誉です。

 

 

ネパール人にとって、今日は喜びの日になったな。

 

 

日本はネパール人が望んでいる人に勲章を与えてくれた。

 

仕事ぶりをちゃんと見てくれてるんだね。

 

 

ネパールの全ての議員にとっての誇りだ。

 

本当におめでとうございます。

 

 

まさかの ビル・ゲイツと同時受賞と言う。

 

 

 

ネパール万歳って叫びたくなる。

 

 

それくらい嬉しい。

 

おめでとうございます。


 

 

 

 

 

 

 

ネパールと日本の友好が

 

いつまでも続きますように・・・・。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

 

ネパール歓喜!!日本の姿勢と友好関係発展に希望を見出し称賛の声が!!【海外の反応】

💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

※ネパールと日本の関係の深さは、youtubeを楽しんでいる中で拝見することが出来ました。

戦争時代とは言え、戦争ばかりしていたと思っていたのでしたが、そのような厳しい中にも、

人間として本来取るべき姿や考え方などを思うとき、ネパールの要人が日本に対する考え方を、

敵味方として判断することではなく、あらゆる世界情勢などの視点から判断し、国際舞台で

日本の状況を説明し、世界の国々へ理解を求めて説得してくれたネパールに対し感動しました。

私の思い続けていた考え方に大きな誤りに気付き、ネパールの方々に御礼を申し上げます。

ネパールの国民の皆さんに心から敬意を申し上げます。 ありがとうございました。

このような素晴らしい実話を世界に広げたいので、シエアさせていただきます。

 

 

 

タグ :

感動的実話   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る