5G、コンピュウター、SNS、世界、アメリカ、中国、関心、発展、通信、通信事業、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

❝5Gは❞ 世界をどう変えるか!?

読了までの目安時間:約 6分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Gは、世界をどう変えるか!?

 

 

 

5G(第5世代移動通信システム)が

 

普及すれば、世界は激変するという。

 

 

 

テクノロジーの急速な進展に、

 

わが国の社会システムは

 

付いていけるだろうか。

 

 

とりわけ学校教育の内容と

 

あり方が気になる。

 

 

 

端末を通して、

 

あらゆる情報が

 

瞬時に手に入る現代に、

 

知識偏重の教育を

 

いつまで続けるのか。

 

 

 

このままでは日本は、新たな産業革命の

 

波に乗り遅れ続けるだろう。

 

村井 映 (熊本県)

 

 

 

 

記事は5Gが新たな産業革命にも匹敵する

 

技術革新だそうだとうたっているが、

 

 

その本質はこれまで、

 

高速有線環境でしか

 

実現できなかったネットワークが、

 

 

移動体でも可能になる点にある。

 

 

 

 

現時点では、携帯電話以外の無線端末機器が

 

売りやすくなる、という

 

メーカーの論理が先行している。

 

 

 

しかし、使用する周波数帯の

 

特性を勘案すると、

 

基地局とセルを増設しても、

 

通信エリアはかなり限定され、

 

地域間の『5G格差社会』が

 

生じる危険がある。

 

 

 

大量の高速データ通信に見合う

 

料金体系と、設備投資のバランスの

 

取り方にも課題が残る。

 

 

 

さらに、マイクロ波と

 

健康の関係という

 

 

 

問題についても、

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

十分な結論は得られていない。

 

 

 

5Gの恩恵を享受できるのは、

 

本来の移動体環境である

 

山岳や海上での通信が

 

実用化される時ではないだろうか。

 

富岡邦昭 (長野県)

 

 

ここ10年で、

 

アメリカの通信業を震撼させるまでに

 

成長した中国の

 

華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)。

 

 

アメリカのファーウェイ排除によって、

 

『誰に監視されるか』という懸念が、

 

 

再び注目を浴びている。

 

 

 

5Gの到来で最も恩恵を受けるのは、

 

米中の政治的圧力から比較的自由で、

 

 

今後、大きなマーケットに成長する

 

東南アジアだと思う。

 

 

 

そうした国では、これから生み出される

 

多くのサービスが、

 

5G通信に基づいてデザインされ、

 

 

それが急速な経済発展とともに、

 

社会に相乗効果を生み出すだろう。

 

 

 

5Gサービスのビックプレイヤーは

 

アジアから生まれるかもしれない。

 

 

佐藤健士 (東京都)

 

 

 

 

 

(@^^)/~~~ \(~o~)/ ( ^^) _U~~ 🙄 \(◎o◎)/!

 

  ニュースウイーク日本版 

Newsweek  

 

2019.05.14号 68Pより

 

 

(@^^)/~~~ \(~o~)/ ( ^^) _U~~ 🙄 \(◎o◎)/!

 

 

※今後の世界に注目されている

5Gに各国の対応を注目して

行きたい思いでシェアさせて頂きました。

 

 

タグ : 

話のネタ、雑談、   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る