答辞、改革、東北新幹線、上越新幹線、都市間バス、愛社精神、チャレンジ精神、仲間、模範、責任感、安全、サービス、経営、民間、進出、使命、お客様第一、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

永年勤続表彰 答辞(そのー②)

読了までの目安時間:約 8分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

永年勤続表彰 代表   

 

 

 .  答 辞   (その-②) 

 

 

 

深まりゆく秋のこの佳き日に、

 

○○社長を始め上司の方々、

 

 

並びにご来賓のご臨席のもと、

 

かくも偉大なる永年勤続表彰式を

 

挙行して頂き、また、身に余る御祝辞と

 

激励のお言葉を賜りまして、

 

誠にありがとうございます。

 

 

 

本日ここに、○○鉄道株式会社社長より、

 

栄えある永年勤続賞の受賞に浴し、

 

家族共々この上ない感激を噛みしめて

 

いるところでございます。

 

 

 

私達が○○鉄道に職を報じたのは、

 

昭和★★年でございます。

 

 

✪✪年組の私達は、○○財政再建推進会議

 

及び、財政制度審議会で、収支係数の悪い

 

ローカル線の○○線など、5路線を鉄道から

 

 

道路輸送に閣議決定し、○○自動車は、

 

その方針に従って☆☆年からの川俣線の

 

代替輸送要員として、また、翌年開通する

 

東北自動車道への、高速路線バス進出計画の

 

もとに採用をして頂きました。

 

 

 

入社当時の東北の動きと致しまして、

 

世界最長の青函海底トンネル、

 

東北新幹線、上越新幹線の起工式が

 

相次いで行われ、○○の鉄道事業が、

 

高速時代に向けて新しい輸送体系を

 

歩み始める第一歩の年でもありました。

 

 

以来、時代の移り変わりも、新幹線のごとく早く、

 

同時に、モータリゼーションの著しい進展とともに、

 

路線バス利用者の長期的低落傾向に悩まされ、

 

 

日本のバス事業の七割以上が赤字経営に陥り、

 

バス事業は新しい輸送手段と多様化により、

 

交通市場の環境も激化し、過疎路線の多い

 

○○自動車の経営が、一層厳しい時代を

 

歩むことになりました。

 

 

 

日本政府の数々の経営発展計画、

 

また、国鉄の改善計画など、

 

私たちは、この大改革の中で路線再編成、

 

ワンマン化の推進と近代化など、

 

改善策など積極的に展開を図りながら、

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

多くの教訓を得ることが出来ました。

 

 

 

この時代の荒波の中、

 

当社は、昭和〇〇年○○月○○日から

 

1年間を○○○○○鉄道株式会社

 

東北自動車部として、

 

翌○○年からは○○バス東北株式会社として

 

新たに船出を致しました。

 

 

 

私達は、それぞれの職場において、

 

お客様第一の使命に立ち、安全輸送の確保、

 

サービスの充実と職務の遂行に努めてまいりました。

 

 

本日の私たちのこの喜びは、ひとえに上司の皆様、

 

並びに諸先輩の暖かいご指導と、同僚の心からなる

 

協力の賜物と、深く感謝申し上げる次第でございます。

 

 

 

また、今日まで長い歳月を、苦楽を共にし、

 

これまで支えてくれた家族に対し、

 

改めて感謝の念を覚えるものであります。

 

 

 

さて、○○バス東北株式会社は、

 

民間企業として歩み始め、

 

第五期目を迎えるに至りました。

 

 

 

これまで、高速道長距離都市間路線への進出をはじめ、

 

各種事業の拡大整備に、社員が一丸となって

 

取り組んでまいりました。

 

 

 

しかしながら依然として、

 

輸送業界を取り巻く状況は

 

極めて厳しいものがあります。

 

 

 

民間企業としての経営基盤の確立のため、

 

社員の総力を結集して行かなければならないと

 

思っております。

 

 

 

今まで以上に、私達○○年採用組は、

 

一人ひとりが社員の模範となり、

 

お客様第一のモットーを忘れず、

 

安全輸送の確保はもとより、

 

 

真心のこもったサービスの提供に心がけ、

 

新しい発想と旺盛なチャレンジ精神をもって、

 

 

活力溢れる会社づくりのために、

 

強い責任感と愛社精神で

 

邁進する所存でございます。

 

 

 

結びに

 

今後尚一層のご指導

 

ご鞭撻を賜りますよう

 

お願い申し上げ、

 

 

ここに受賞者を代表して

 

御礼の言葉といたします。

 

 

ありがとうございました。

 

 

平成〇年○○月〇日

永年勤続者表彰 代表

○〇バス東北株式会社

○○営業所長 (筆者) ○○ ○○

 

 

 

 

タグ :

話のネタ、雑談、   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る