卒業式、高校、大学、贈る言葉、涙、別れ、友達、先生、恩人、仲間、人生、畏れ、個性、畏れる心、チャンス、クラスメイト、こだわり、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

❝旅立つ生徒❞に贈る言葉 - ⑥

読了までの目安時間:約 9分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

旅立つ生徒❞に

 

 

  贈る言葉-⑥

 

 

こだわりと恐れる心

 

 

 

クラシック二期生の担任としての2年間、

 

あなた達と過ごした日々も、

 

終わりを告げようとしています。

 

 

 

教員となって3度目の卒業生を送り出すにあたり、

 

『こだわり』と『畏れる心』を、

 

はなむけの言葉として送ります。

 

 

 

 

💛 一、『こだわりを持て』💗

 

 

こだわりは『個性』に近いかもしれません。

 

 

音楽を例にとっても、ワンフレーズ聞けば、

 

 

誰の音かが分かることがありますよね。

 

 

悪く言えばワンパターンですが、

 

自分のスタイルにこだわって、

 

それを貫いていく。

 

 

 

それに共感するリスナーがいる。

 

 

 

そんな『こだわり』を、

 

みんなにも持って欲しいと思います。

 

 

 

また、同じミュージシャンの作品を、

 

年代順に聴いていくと、

 

『アレッ』と、思うほど、

 

作風が変わってしまい、

 

がっかりしたことがありませんか?

 

 

 

でも、冷静に考えると

 

それは正常なんですよ、その人の。

 

 

 

『こだわり』が、成長して、

 

新たな『個性』が、生まれるのでしょう。

 

 

 

テレビで歌っているミュージシャンだけでなく、

 

 

夜の地下道で、

 

ギター一本弾き語りをしている

 

ミュージシャンも、

 

『自分の音、自分の歌』に、こだわり、

 

 

それを『人に伝えること』ができたら立派だなと思います。

 

 

 

私の大好きな『吉田美奈子』(みんなは知らないでしょうが、

 

山下達郎と並ぶ日本ポップミュージック界の大御所)が、

 

テレビで次のように言っていました。

 

 

 

『最近は自分で個性を発見し、磨く前に、

 

魅力的な選択肢が目の前に色々とぶら下がっていて、

 

ついそれに手を出し、いつしかそれが、

 

自分の個性だと勘違いをしてしまいがちである』

 

心に留めておいておきたい言葉だと思います。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

 

 

 

💗 二. 『畏れる心を知れ』💛

 

 

畏れとは『恐れ』ではなく、

 

『畏敬の念』『畏れ』です。

 

 

簡単に言うと、偉大さに恐れ入ることです。

 

 

 

私の出身大学に

 

『エホバを畏るるは知識の本(もと)なり』

 

という言葉があります。

 

 

 

私はクリスチャンではありませんが、

 

礼拝などで『ものの見方』が、

 

日本人のとは違う点に

 

非常に興味を持ちました。

 

 

 

大学では地域的にも、

 

価値観も様々な人たちが集まってきます。

 

 

その中で、

 

自分にないものを相手の中に見つけ、

 

お互いに刺激するのは楽しい経験です。

 

 

 

ただの遊び相手ではない

 

  人間関係を築く場です。

 

 

 

その中で必ず一人か二人、

 

 

『こいつにはかなわない、 

 

  相手にしてもらえない』 

 

と思うような人物に出会うことがあります。

 

 

 

自分が情けなく、みじめに思えたらチャンスです。

 

そんな人と話をしてみましょう。

 

 

 

きっと『畏れる心』を感じ、

 

自分を成長させることにつながります。

 

 

 

そんな人間との出会いを、

 

大切に育む人生を

 

歩んで欲しいと思います。

 

 

 

32名のクラスメイトのことを

 

  覚えておいて下さい。

 

 

 

私とか阿博先生はいいですから。

(どうせ忘れられませんから)

 

 

 

3年間いろいろな思い出をありがとう。

 

卒業おめでとう。

 

 またいつか。

 

  バイバイ。

 

 

  フゥ-。・・

 

 

 

 

 

 

 

 

★💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛💗💛

 

 

 

 

 

タグ :

贈る言葉   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る