大坂なおみ、世界一、ガウフ、テニス、全米、日本、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

大坂なおみは❝真のアスリート❞ ! ❝世界が感動 !!❞

読了までの目安時間:約 6分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

大坂なおみは❝真のアスリート❞ !!

 

 

    完敗の コリ・ガウフ

  

         試合後の配慮に 世界が感動!!

 

 

 

2019年8月31日(日本時間1日)

 

 

全米オープン(米国ニューヨーク)

 

 

女子シングルス3回戦で、

 

世界 1 位の 大坂なおみ(日清食品)が、

 

完璧なテニスで15歳の天才少女に完勝した。

 

 

世界中が注目する中、

 

 

初めて実現した女子テニスの

 

未来ともいえる象徴的な好カードで、

 

新鋭 コリ・ガウフ(米国)に、

 

6-3、6-0の1時間5分で快勝した。

 

 

 

試合後はガウフを抱きしめ、

 

大坂なおみは コリ・ガウフに対し、

 

ともにコート上でインタビューを受けようと誘って、

 

実現させる感動的な振る舞いで、

 

ファンの心も揺さぶった。

 

 

次戦は同12位のベンチッチ(スイス)と対戦する。

 

 

試合後、 大坂なおみが見せた優しさに、

 

世界のテニスファンが心を揺さぶられた。

 

 

主審を挟んで反対サイドにいる コリガウフ

 

わざわざ駆け寄り、

 

「一緒にインタビューを受けようよ」と誘ったのだ。

 

敗者と一緒に勝利インタビューを受けるなど、前代未聞。

 

しかし「1人で泣くより、ファンに話した方がいい」

 

 

全米の期待を一身に集めた15歳の声を、

 

ファンに届けたいという大坂なおみなりの配慮だった。

 

 

 

ココ・ガウフは「泣いちゃうから」と1度は断った。

 

 

 

しかし、最後は納得し、ともに並んでインタビューを受けた。

 

 

 

「学ぶことがたくさんあった。

 

 

なおみ、本当にありがとう」と、

 

ココ・ガウフが泣けば

 

 

--- 広告 ---
--- 広告 ---

大坂なおみも「一緒に努力して、この舞台に立った、

 

 

本当に素晴らしかった」と涙を見せた。

 

 

 

大坂なおみコリ・ガウフは、大坂が10代の時、

 

フロリダ州デルレービーチにある

 

プロワールド・テニスアカデミーで練習していた。

 

 

 

「一緒に打ったことはないけど、

 

彼女がどれだけ時間をかけて、

 

ここまで来たかを知っている」と、

 

話す大坂なおみも、まだ21歳だ。

 

 

 

「将来、4大大会の決勝で、

 

 

共に戦うようになったら、

 

 

2人にとって、すごいことよね」。

 

 

 

 

この日、女子テニスの未来がスタートした。

 

 

この記事に関する他の記事もご覧ください

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://matome.naver.jp/odai/2156738668072890001

 

 

※この試合を拝見していて思った事は、勝った大坂なおみは、まだ15歳のココ・ガウフの健闘ぶりが、自分の若き日々の猛練習を経て来た事に思いが巡り、感動を感じたからだと思いました。

 

タグ :

スポーツ 凄いお話 凄い実話 実話 感動物語 感動的・涙物語   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る