ハイキング、トレッキング、登山、百名山、日本一、優麗、美しい、雄大、 タグを削除: 八甲田ロープウエイ、八甲田  八甲田ロープウエイ、八甲田 タグを削除: 八甲田ゴードライン、  八甲田ゴードライン、 タグを削除: 素晴らしい、感動、再来、  素晴らしい、感動、再来、

コーヒータイム・心の癒し

日々、笑顔で、楽しく、元気よく、知的・才的・紳士的、ユーモアに

--- 広告 ---
--- 広告 ---

八甲田山(日本百名山)に登ろう ≪Part-9≫

読了までの目安時間:約 15分

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 酸ヶ湯温泉 ~ 仙人岱 ~ 八甲田大岳・山頂 

 ~ 井戸岳 ~ 赤倉岳 八甲田ロープウエイ・山頂公園駅

 

八甲田山(日本百名山)に登ろう ≪Part-9≫

 

八甲田山について≪Part-1≫ で

ご案内しておりますので、

ご参照願います。

 

 

本編の(Part-9)では、酸ヶ湯温泉から

八甲田大岳山頂を経由して、

井戸岳、赤倉岳、田茂萢岳山頂の

八甲田ロープウエイ山頂公園駅までの、

北八甲田連邦を楽しむコースをご案内します。

 

 

【コ―ス概要のご案内】

 

登山慣れした体力の有る方や、

登山が初めての方、

また、お花を探して写真を撮る方や、

ゆっくり自然の景色を楽しみたい方など、

色々と個人差はあります。

 

下記の()内の時分は、自然の景色を楽しみながら、

余裕を持った所要想定時分としました。

 

※酸ヶ湯温泉や八甲田ロープウエイを

中心とした人気のコースです。

 

酸ヶ湯温泉  ~  仙人岱 ~  八甲田大岳・山頂

   (8:00)   ~  (9:15) ~ (10:30~10:50)

 

・  ~  井戸岳  ~  赤倉岳  ~ 田茂萢岳山頂  ・ 

    ~ (11:30) ~  (11:50) ~ ( 13:00着)

 

 八甲田ロープウエイ 山頂公園駅 田茂萢岳山頂( 13:00着) 

 ※田茂萢岳山頂に八甲田ロープウエイ 山頂公園駅 があります。

 

【距離数・8.6km】(所要時分 5:00)

※ 公表目安時分は約 4時間30分になっています。

 

 

八甲田ロープウエイゴンドラ・空中散歩 ~(約10分)

 

☤・八甲田ロープウエイ 山麓駅からはJRバス路線です。

※十和田湖や青森駅方面に運行しております。

(JRバス青森支店  017-723-1621

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八甲田山と聞きますと、

単独の山のように思いますが、

青森から十和田湖までの

「八甲田・十和田ゴールドライン」を境に、

「北八甲田連邦」と「南八甲田連邦」に

分かれております。

 

ここでご紹介する「八甲田登山」は、

「八甲田・十和田ゴールドライン」から

北側の「北八甲田連邦」で、10の山々の

溶岩円頂丘から構成されております。

 

 

 

 

西側の方からご紹介しますと、

 

前嶽(1,251),田茂萢岳(1,326)、

赤倉岳(1,548)、井戸岳(1,550)、

(八甲田)大岳(1,584)、小岳(1,478)、

高田大岳(1,552)、雛岳(1,240)、

硫黄岳(1,360)、石倉岳(1,205)、

 

一般的に八甲田山と云いますと、

前記した10の山々の

「北八甲田連邦」を指します。

 

 

・建物は酸ヶ湯温泉、中央の山は

八甲田大岳です。

(酸ヶ湯温泉  017-738-6400

 

主な登山コースをご紹介します。

 

※ 酸ヶ湯温泉前の駐車場内にある、

トイレ脇の階段を上ると、

国道に沿って歩道が有ります。

 

 

歩道に出たら左方向を見ますと、

登山道入り口の「鳥居」が見えます。

 

 

薬師神社の「鳥居」をくぐり登り始めると、

両側は「マガリタケ」の竹笹が道に

伸び生えており、ブナ樹林に入って行きます。

 

 

登山道は、以前に噴火した時代の石が、

ゴロゴロと剥き出しになっておりますので、

足を滑らせて怪我をしないように、

注意して歩きましょう。

 

 

※ 酸ヶ湯温泉の近くの、国道103号線沿いに

「地獄沼」があり、約100度近いお湯が

沸いているところが有ります。

 

 

※ 八甲田山は、今も火山活動をしている

証拠と云われております。

 

しばらく歩くと登山道の脇には、

火山ガスの影響を受けて、

立ち枯れている木立が見える

小さな広場が見えます。

 

 

そこは「賽の河原」です。

ある日突然に、火山性のガスが

噴出して、木々を一瞬にして

枯らして出来たと云われております。

 

 

登山道も少し狭くなり、

左右展望の出来ない

樹林の中の一本道を進むと、

沢の音が聞こえて来て

硫黄の匂いもして来ます。

 

そこには、沢なりにゴロゴロと

沢山の大小の石が見えますが、

「地獄湯の沢」と云うところです。

 

 

昔は硫黄の採掘をしていたとも

伝えられています。

 

 

 

雨上がりなどは滑りますので、

要注意して登りましょう。

 

「地獄湯の沢」を登り続けると、

山道は平坦な道になり、

仙人岱湿原の始まりで、

木道が設けられております。

 

 

木道を進むと、仙人岱湿原を

--- 広告 ---
--- 広告 ---

アオモリトドマツの樹林が、

湿原を保護するかの様に囲んでおり、

そこには八甲田の

清らかな水が湧き出ております。

 

 

湿原の南側の小高い丘に

「仙人岱フュッテ」が有ります。

 

 

※ トイレも完備しています。

 

「八甲田大岳」にはトイレ有りません

 

「大岳フュッテ」まで約60分です。

 

 

仙人岱フュッテ前を進むと、

八甲田大岳と小岳、高田大岳の

分岐点の道標が有ります。

 

 

道標を北へ向かって更に

仙人岱湿原の木道を進むと、

お花畑がアオモリトドマツの

樹林帯にまで続きます。

 

樹林帯は短かく、間もなく抜けると

森林限界となります。

 

 

周囲の景色も見える様になりますが、

山道は火山礫になり、

傾斜も次第に強くなりますが、

暫くすると「鏡沼」に着きます。

 

 

大岳山頂まではもう直ぐなので、

周囲の景色を見ながら

ゆっくり登ると、平坦地に辿り付きます。

 

 

 

そこが「八甲田大岳・山頂」になります。

 

 

八甲田大岳の山頂は、360度の

パノラマ大展望所です。

 

 

 

※ 山頂からは、岩手山、早池峰山、

鳥海山、津軽半島、下北半島、北海道など

が見れますので存分に楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八甲田大岳からの下山道は、

急斜面が続きますので、

ゆっくり慎重に歩きましょう。

 

 

急斜面の道を 20分ほど下りると

「大岳フュッテ」に出ます。

 

 

 

※ トイレも完備しています。

 

※ 大岳フュッテを出ますと

八甲田ロープウエイ山頂公園駅まで

約120分は トイレは有りません

 

 

大岳フュッテから井戸岳方面に登りますが、

山道は狭いですが比較的速やかに歩けます。

 

 

 

大岳フュッテから馬の背を通って

約15分で井戸岳に到着です。

 

そこからは青森市街,岩木山,

下北半島、津軽半島、陸奥湾、

北海道までが見渡せます。

 

 

 

井戸岳から約20分程度で、

赤倉岳山頂に着きます。

 

 

途中の山道は大分狭いうえに、

崩れやすい崖になっている

箇所が有ります。

 

 

 

特に恐怖心を感じる程ではありませんが、

 あまりにも素晴らしい景色に見とれて、

怪我などをしない様にしましょう。

 

 

赤倉岳山頂からも

青森市街,岩木山,

下北半島、津軽半島、陸奥湾、

北海道までが見渡せます。

 

 

赤倉岳山頂から八甲田ロープウェイ

山頂駅に向って下りますが、

すぐに小祠があり、その先に

分岐点がありますが、

八甲田ロープウェイ方面は直進です。

 

 

右方向は八甲田温泉方面です。

 

 

赤倉岳山頂から約40分降りると、

左方向に毛無岱、酸ヶ湯温泉方面への

分岐点があります。

 

 

※この分岐点は通称「宮様コース」です。

 

八甲田ロープウェイ方面は直進です。

 

 

分岐点から直ぐに8の字になっている

八甲田ゴードライン入口です。

 

 

この八甲田ゴードラインとは、

この雄大な大自然を散策する遊歩道が、

ひょうたん型をしているところから、

ゴードラインという名で呼ばれております。

 

 

ここからは、左右どちらからでも良いと思います。

 

 

右方向から回りますと、陸奥湾展望所があり、

そこからは青森市街,岩木山,下北半島、

津軽半島、北海道までが見渡せます。

 

 

左方向から回りますと、山頂展望所があり、

遠く岩木山、八甲田連邦等など素晴らしい景色です。

 

 

八甲田ゴードライン入口から約30分で

八甲田ロープウエイ山頂公園駅に到着です。

 

 

八甲田ロープウェイに乗って、

雄大な八甲田周辺の魅力を満喫して下さい。

 

 

とにもかくにも景色が本当に素晴らしい。

 

 

このコースは整備されておりますので、

老若男女を問わずどなたでもお気楽に、

短い時間で散策できますので

大変人気のコースです。

 

 

 

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :   

登山・ハイキング 話のネタ、雑談、   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
--- 広告 ---
--- 広告 ---
TOPへ戻る